法要の手配|千葉県の総合仏事「千葉家」です。
お墓・霊園・仏壇・法要など仏事のことならおまかせください。

提供サービス | 法要の手配

法要の手配

千葉家では、ご法要会場の手配から僧侶のご紹介、当日の運営や返礼品にいたる、すべてをお手伝いいたします。
法要は千葉県内広域に展開する千葉家におまかせください。

具体的なサービスの内容

□ 忌明法要(四十九日)
  • ご法要会場のご紹介・手配
  • 僧侶のご紹介
  • 塔婆・生花・線香の手配
  • 引き出物のご案内
  • お料理の手配
  • 返礼品の手配(有名百貨店のお品等)
□ 納骨式・開眼法要
  • 墓所の清掃
  • 埋葬のお手伝い
  • 当日の納骨準備
  • 開眼法要のお手伝い
  • 式典の当日運営サポート
    • 雨天時
    • 夏の日よけ・パラソル
    • お供物、お花
    • 会食所のご紹介・手配
  • お盆(新盆)の提灯のご案内
  • 精霊棚用の各種製品のご案内
□ 年忌法要
  • ご法要会場のご紹介・手配
  • 僧侶のご紹介
  • 回忌ごとのはがきでのご案内
  • 塔婆・生花・線香の手配
  • 引き出物のご案内
  • お料理の手配
  • 返礼品の手配(有名百貨店のお品等)
※ 弊社・法事部がサポートいたします。

参考: さまざまな法要について

■ 忌明法要
  • 四十九日の法要。遺族、近親者、知人が集まり、忌明けの法要を行います。
    日取りは皆が出席しやすい、直前の土・日曜日に行うことが多いようです。ご住職に読経をお願いして供養を営み、式が終わったら参列者を接待し、食事のあと引き出物をわたします。この日に納骨を行うことも多いため、千葉家ではその一連の準備をサポートいたします。
■ 開眼法要
  • 新しい仏像などを使い始めるとき、眼を描き入れ仏に魂を迎え入れる儀式を「開眼」といいます。
    開眼供養により、仏壇やお墓に魂を入れ、ただの箱や石から仏壇・お墓と意味のあるものにする法要です。四十九日や一周忌にあわせて行うことが多いようです。
■ 年忌法要
  • 亡くなった翌年の祥月命日を一周忌といい法要を営みます。
    一周忌のあとは、満二年目の三回忌(一周忌以降は死去した年も入れて数える)、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌に法要を営みます。
    年忌法要は、命日に行うものですが、最近は皆が出席しやすい土・日曜日に行うことが多いようです。その場合は、必ず命日より前にするのが習わしです。
千葉家では様々な疑問やお悩みを解決いただける「無料相談」をお受けしております。
くわしいパンフレットもございますので、お気軽にご相談ください。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

■ フリーダイヤル:0120-148-855またはネットで相談


トップページに戻る