お墓の劣化について!劣化が起きる3つの原因や掃除の方法を解説

お墓の劣化について!劣化が起きる3つの原因や掃除の方法を解説

先祖や故人の大切な遺骨を保管するお墓は、亡くなった方の冥福を祈る場所でもあるため、いつまでもきれいな状態にしておきたいものです。時間の経過とともに劣化してしまいますが、定期的な掃除やリフォームによってきれいな状態を保てます。

今回の記事では、お墓の劣化について詳しく解説します。劣化する原因や誰でもできる掃除方法も紹介していますので参考にしてみてください。

お墓の耐久年数の目安

お墓の耐久年数は短い場合で30年、長い場合で150年です。お墓には墓石が使われており、石自体は耐久性があるので年数が経過しても大きなダメージを受けることはありません。ただし、お墓を設置する際には基礎工事を行っており、工事の内容に問題があると早い段階で劣化が進んでしまうのです。

基礎工事の質は施工する石材店で異なります。石材店の中には低品質の接着剤を使用している場合もあり、すぐに劣化してしまうことがあるのです。

お墓が劣化する原因とは

お墓が劣化する原因は大きく分けて3つです。ここでは、それぞれの原因について見ていきましょう。

環境

お墓が劣化する1つ目の原因は環境です。キレイな状態を保とうとしても、鳥のフン、花立てや水鉢による水アカ、雨風によるカビやコケの発生などがあります。また、付近に森などがあれば、落ち葉の蓄積によって汚れてしまうことがあるでしょう。

お墓の劣化のスピードは地域によって異なります。お墓で使用する御影石は鉄分を含んでおり、海岸付近にお墓を建てると、塩害によるダメージによって劣化が進みます。一方で、都市部に墓を建てた場合には車の排気ガスによって劣化するでしょう。

構造

お墓が劣化する2つ目の原因は構造です。お墓には納骨堂がありますが、地下に設置すると雨風の影響によって水がたまってしまいます。地上に納骨堂を設置した場合でも、水はけが悪いと劣化が進んでしまうでしょう。

石種

石は他の材質に比べると耐久性がありますが、石の種類によっては劣化が進みやすいタイプもあるのです。一般的に石目が細かい石や吸水率が低い石なら、高い耐久性を期待できるでしょう。石材に水をかけたときに色が変わらなければ、耐久性の高い石であることが分かります。

また、石の中には汚れが付着しやすいタイプや小さな衝撃でも欠けやすいタイプがあります。お墓を建てるときは墓石選びも慎重に行うのがよいでしょう。

お墓の劣化を放っておくとどうなる?

お墓の劣化を放っておくと、さらに劣化が進んでしまいます。たとえば、地震が発生したり強風がお墓に打ちつけたりすると、一部が損傷してしまう危険があるでしょう。

お墓の一部が損傷すると、少しずつ崩れ落ちてしまう恐れがあります。損傷が進んでお墓が倒壊した場合、他のお墓を傷つけてしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、お墓を劣化したままにしておくと、お墓参りに訪れた方に不快な気分を与えてしまいます。放っておくと大きなトラブルに発展する恐れがあるため、早い段階で対策を取るのがおすすめです。

劣化を防ぐには掃除が大切

お墓の劣化を防ぐには定期的な掃除を心掛けましょう。お墓参りに訪れる際に掃除をしておけば、長くキレイな状態を保てます。

掃除に使用する道具はタオル、雑巾、ブラシ、ごみ袋、ほうき、バケツなどです。お墓を掃除する際には、はじめに水をかけてから雑巾で優しく磨いていきましょう。金属のタワシはこびりついた汚れを落とすのには便利ですが、墓石を傷つけてしまう恐れがあるので避けましょう。

目地などの細かい部分は柔らかいブラシで丁寧に磨くのがおすすめです。全体を磨いた後は、水気のないタオルでしっかりとから拭きをします。お墓を掃除する際に洗剤を使う方がいますが、石種によっては変色の恐れがあるので避けた方が無難です。

お墓の劣化が激しいときは

定期的に掃除をしているものの、経年劣化によって汚れや傷が目立つ場合があります。お墓の劣化が激しいときは以下の2つの方法を検討するとよいでしょう。

新しいお墓に建て替える

お墓が劣化したときには新しいお墓を建てるという方法があります。新しくお墓を建てれば、先祖や故人の遺骨を安心して埋葬できます。キレイなお墓にすれば先祖とのつながりを感じられ、心の安らぎを感じられるでしょう。

遠方にお墓がある方については、アクセスのよい場所にお墓を建てることでお墓を維持しやすくなるというメリットもあります。お墓を建て替える場合には、家族や親族の同意を得ておくのがよいでしょう。

お墓のリフォームをする

お墓が劣化した場合のもうひとつの対象法はリフォームです。住宅のリフォームと同じように、お墓もリフォームによる修繕ができます。

リフォームの場合は、依頼した石材店が現地調査をして修繕箇所をチェックします。石材店から具体的なリフォーム内容を提案されるので、納得したら契約にサインをしましょう。お墓の建て替えと同様、リフォームをする場合にも家族や親族の同意を得ておくのがおすすめです。

まとめ

お墓の劣化の原因は環境、構造、石種の3つです。お墓が劣化すると倒壊したり他のお墓を傷つけたりする恐れがあるため、定期的に掃除をして劣化を防ぎましょう。

劣化が激しい場合には新しいお墓の建て替えやリフォームがおすすめです。「株式会社千葉石材」ではお墓の設置やリフォームなどのサービスを提供しており、満足のいくお墓を設置するためのお手伝いをしております。法要、葬儀、霊園など、仏事に関するトータルサポートが可能です。お墓に関する悩みをお持ちの方は「株式会社千葉石材」にお問い合わせください。