お墓を建てる際の注意点!押さえておきたい3つのポイントとは?

お墓を建てる際の注意点!押さえておきたい3つのポイントとは?

お墓を建てる機会は人生でも少ないため、いざお墓を建てるとなるとどのようなことに注意すればよいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、お墓を建てる際の注意点について詳しく紹介します。後半では、お墓を建てるまでの流れについて解説していますので、お墓を建てる予定の方はチェックしておきましょう。

お墓を建てる際の注意点

お墓を建てる際に注意しておきたいポイントは「場所」「費用」「跡継ぎ」の3つです。ここでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

お墓の場所

お墓の場所を選ぶときにはアクセスのしやすさを考えておきましょう。アクセスがしやすければお墓参りや掃除などがしやすいからです。

アクセスの方法はさまざまですが、基本的には徒歩、車、公共交通機関の3種類です。車の場合は駐車場があるのか、公共交通機関の場合は最寄りの駅やバス停からお墓までの距離は近さなどをチェックします。

車の場合は将来のことも考えておくとよいでしょう。車の運転が難しくなったときに、他のアクセス方法があるのかを確認しておくと安心です。

お墓の費用

お墓を建てるときには前もって費用を計算しておくのがよいでしょう。お墓を建てる際にはさまざまな費用がかかるからです。

お墓を建てる際には永代使用料、管理料、墓石代などを支払わなければなりません。また、新しいお墓に魂を入れる際には開眼供養という法要を執り行います。

墓石代には石材、デザイン料、付属費、設置工事費用などがかかります。石材は寸法、形、種類によって価格が異なりますが、一般的には80~300万円はかかるでしょう。お墓を建てる際にはまとまった資金が必要になるため、前もって用意しておくのがおすすめです。

跡継ぎ

お墓を建てるときには誰が跡継ぎになるのかを前もって決めておきましょう。跡継ぎがいない場合にはお墓を無縁化しなければならないからです。

墓地や霊園全体の管理は利用する墓地の管理者が清掃をしますが、個々のお墓については個人で管理しなければなりません。跡継ぎがいないとお墓を管理する人がいなくなるため、荒れた状態になってしまいます。

また、管理料を一定期間滞納すると、墓地の管理者によってお墓を解体します。遺骨は墓地の管理者によって取り出されて、無縁として合祀されるのです。跡継ぎを決めておけば、管理する人が亡くなった場合でも安心してお墓を守れます。

お墓を建てるまでの流れ

お墓を建てるまでの流れは4つです。トラブルを避けるためにも、前もって流れを理解しておくとよいでしょう。ここでは、4つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

家族や親族に伝える

お墓を建てる際には、はじめに家族や親族に伝えておきましょう。個人で決めてしまうと、大きなトラブルにつながる可能性があるからです。お墓は亡くなった方の供養をする場であり、生きている方にとっては祈りの場でもあります。お墓を建てるときには、予算や予定している場所などを伝えておきましょう。

お墓を別の場所に建て直す場合でも、家族や親族に伝えておくのがおすすめです。辺境の地にお墓があり、お墓参りがしにくい、老朽化したので建て替えたいなど、しっかりと理由を説明すれば家族や親族に納得してもらえるでしょう。

お墓を建てるのにかかる期間は、スムーズに進んだ場合でも2~3ヶ月です。お彼岸やお墓参りのシーズンに重なる可能性もあるため、できるだけ早めに伝えておくのがおすすめです。

お墓を建てる霊園や墓地を決める

家族や親族からの同意を得られたら、お墓を建てる霊園や墓地を決めましょう。お墓は許可なく自宅の庭や敷地に建てられません。「墓地、埋葬等に関する法律」によってお墓を建ててよい場所が決められています。複数の霊園や墓地をピックアップしたら、費用や特徴を比較しながら決めましょう。

デザインを決める

お墓を建てる場所を決めたら、お墓のデザインを決めましょう。お墓にはさまざまなデザインがあるため、家族や親族の希望などを聞きながら決めておくのがおすすめです。

たとえば、墓石には和式墓石、洋式墓石、デザイン墓石の3種類があります。昔ながらの伝統を守りたい方は和式墓石、洗練されたデザインが好みの方は背丈が低い洋式墓石がよいでしょう。また、従来のデザインにしばられたくない方はおしゃれなデザイン墓石がおすすめです。デザインによって価格が変わるため、慎重に決めるのがよいでしょう。

契約を交わす

墓石とデザインが決まったら、見積もりを取りましょう。金額に納得したら契約を結び、完成時期を聞いておきます。法要などを控えている場合には、トラブルを避けるためにも希望の時期を伝えておくのがおすすめです。お墓が完成したら納骨式や開眼供養などを執り行います。

まとめ

お墓を建てることは人生のなかでも大切なイベントのひとつです。家族や親族にも大きな影響があるため、お墓を建てるときには前もってしっかりと計画を立てましょう。その際には「お墓を建てる場所」「費用」「跡継ぎ」の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

お墓に関する悩みがあるときは、プロに相談するのがよいでしょう。「株式会社千葉石材」はお墓、霊園、葬儀、法要に関する経験や知識をもっており、お客様が満足できるお墓づくりを提供しています。高品質で耐久性に優れた商品のみを販売しているのが強みです。千葉県内で仏具に関する悩みをおもちの方は、「株式会社千葉石材」にお問い合わせください。