墓じまいとは?流れ・費用・供養方法など簡単に解説します!

墓じまいとは?流れ・費用・供養方法など簡単に解説します!

墓じまいという言葉をご存知ですか。昨今では、メディアでも取り上げる機会が増えており広く認知されつつあります。とくに日本は先祖代々の墓を受け継いで守ることが慣例です。ところが、昨今では核家族化や少子高齢化を受けてお墓を存続させることが難しい家庭が増えており、墓じまいが注目されているのです。

ただ「自分の代で終わらせてしまうことに躊躇いがある」方や、すでに検討している方も「どのような手続きや流れになるかわからない」という方が多くいるのではないでしょうか?

この記事では、墓じまいの概要と背景、流れなどを簡単にお伝えします。これを機会にお墓のあり方について見直してみましょう。

墓じまいとは

お墓から墓石を撤去して墓所を更地にし、管理者へ使用権を返還する一連の流れのことです。もしくは新しい供養先を用意するまでの流れを含めて扱うこともあります。

ちなみに墓じまいを行うにあたって、勝手に遺骨を取り出し別の場所に移す行為や廃棄する行為は違法なので行政手続も必要になります。

墓じまいが注目される背景とは

ここでは、なぜ墓じまいが注目されているのか、詳しく見ていきましょう。

継承者がいない

従来のお墓は家長を中心として、家単位で継承していくと考えられていました。しかし、現在では核家族や未婚者など小規模な家族形態の増加や少子高齢化、過疎化などにより「跡継ぎがいない」「子どもたちが遠方にいて今後お墓の管理が困難」という理由から検討する方が増えています。

価値観の変化

上記のように、従来のお墓は家単位での継承とお伝えしました。現在でもよく見かける「〇〇家之墓」など墓石に彫られているのがその象徴です。ところが家族形態の変化や生活スタイルが多様化したため、従来のお墓の在り方が当てはまらなくなってきたことや家族規模が小さくなったことで、維持費や管理費が負担になってきたため「子どもたちに負担をかけたくない」と思う方も増えてきたのも要因となっています。

このような変化に伴い、1人用や夫婦用のお墓など形に囚われない自由なお墓も増えて、現在の様式にぴったりな墓石も登場しています。

終活の一環

終活の普及により、人生の最期を考える機会も多くなりました。終活の時に使われるエンディングノートにもお墓に関するページがあり、お墓の将来について考える項目があります。メディアを通して無縁墓を見ることが増えてきたことで、お墓に対する危機感を覚える方もいらっしゃるようです。そのため「元気なうちにやっておきたい」と考える方が増えたのです。

大まかな流れと費用、その後の供養について

具体的に、墓じまいの大まかな流れや費用の内訳、墓じまい後の供養方法などについて詳しく見ていきましょう。

流れについて

墓じまいの流れは大まかな8つの工程で進んでいきます。

  • 親族やお寺に相談し、事前に理解を得る
  • 新しい供養先を考える
  • 改葬手続に関連する書類を確認する
  • 墓地の管理者に改葬の旨を伝える
  • 行政手続きを得て、改葬の許可をもらう
  • 閉眼供養をして、遺骨を取り出す
  • 墓石の解体を依頼し更地に戻し管理者に権利を戻す
  • 新しい供養先で遺骨を供養する

墓じまいにかかる期間は、約1ヶ月から数年以上となっています。時間がかかる理由として大きいのが、親族やお寺との話し合いが長引いたというものです。その期間はわずらわしい気持ちもありますが、理解を得られないまま進めてしまうと今後の親族関係の悪化や離檀トラブルになりかねないので、必ず相談をして理解を得てから進めましょう。

墓じまいのタイミングは長期化することを考え、早めに行うべきです。ただ、閉眼供養や解体工事など実地で行うものについては、お墓参りシーズンや悪天候が予想される時期は近隣トラブルや事故に繋がることも考えられるので避けた方が無難でしょう。

費用について

墓じまいにかかる費用として代表的なものは以下の通りです。

  • 解体・撤去費用
  • 行政書類交付費用
  • お布施料
  • 離檀料
  • 供養先に関する費用

墓じまいから次の供養先に納める費用は約50万~100万円程度になります。費用の割合の多くは「解体・撤去費用」と「供養先に関する費用」です。とくに新しい供養先によって大幅に総額が変動しやすいため、ここで費用を抑えるとのちのち大きな後悔に繋がることもあります。費用で判断せず自分たちがお墓に対して抱えている不安や悩みを解消できる供養方法を選ぶようにしましょう。

費用を抑えるべきところは、墓じまいの業者を見極めることです。石材の撤去だけ行う業者もあれば、撤去を含めた遺骨の供養まで行う業者もあるなど、サービスは均一ではありません。サービスと費用を踏まえて考えましょう。複数社で見積もりを取って比較することで相場を確認できます。

供養について

供養方法として代表的なのが以下になります。

  • 新しい墓を建てる
  • 永代供養する
  • 納骨堂に納める
  • 散骨する
  • 手元供養をする

よく選ばれているのは、お寺や霊園が長期的に管理・供養する永代供養や、費用が抑えられ遺族が管理をする手間を省く散骨です。「継承者はいるが、お墓が遠方で管理が難しい」方は、もとのお墓を閉じて、別の場所にお墓を建てています。

まとめ

時代の流れによってお墓のあり方や考えが変化しつつあります。墓じまいもその1つであり、それについて考えることは決しておかしなことではありません。

墓じまいは親族やお寺ともめるきっかけとなってしまう、費用がかさむことを恐れ供養方法を誤って後悔する方も少なくありません。閉じてしまったお墓をもとには戻せないので、よく話し合って後悔のない選択をしましょう。

「株式会社千葉石材」ではお墓についての無料ご相談も承っております。墓じまいについてご不安な点や疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。